銀行のカードローンと総量規制

 

銀行のカードローンは、総量規制の対象外となっています。総量規制とは、2010年6月18日に施行された法律で、金融会社からの過剰な借り入れを防止するために交付されたものです。その結果、金融会社を1社だけ利用する場合は、借り入れの最高額が50万円と制限されるようになりました。複数の金融会社を利用して100万円以上の借り入れをする場合は、年収の3分の1以下といった細かい基準が設けられています。また、源泉徴収票等の提出を必ず行って、年収も厳しくチェックされるのです。

 

しかし、総量規制の対象となるのは、金利の高い金融会社だけです。銀行はもともと金利が低く設定されていますので、カードローンも総量規制からははずれています。ですから、最高で800万円もの高額な借り入れが可能になるわけです。もちろん、金利の高い金融会社であっても、例外として高額な借り入れが可能になるケースもあります。急に医療費が必要になった際や、個人事業主の事業資金を用意するなど、正当な理由があれば総量規制の対象外となるケースもあります。

 

とはいえ、やはり安心して利用できるのは銀行ですよね。銀行のカードローンは総量規制の対象外となるだけでなく、ATMで気軽に借り入れや返済ができるという、見逃せないメリットがあります。大きな金額を借りた場合でも、金利が低いので返済がスムーズに進みます。これからお金を借りる予定があるなら、銀行のカードローンを真っ先におススメしますよ。

おすすめは銀行のフリーローン!メリットとデメリット

 

「急にお金が必要になった!」、「低い金利でお金を借りたい!」そんな方には銀行のフリーローンがおすすめ。銀行のローンについては「審査が厳しい」とい うことがよく言われますが、フリーローンは例外です。まず、用途について聞かれることがありませんし、審査もごく短期間。少額であれば即日でローンを組め ることも珍しくありませんし、ある程度まとまった金額のローンでも1~2ヶ月程度で審査が完了します。
さて、気になる金利ですが、最低金利の目安は5~7パーセント前後。ローンの金額、プラン、サービスを提供する銀行によって契約内容は異なります。消費金融、一般のクレジットサービスなどと比較すると、かなりお得な金利が設定されていると言うことができるでしょう。
ただし、「借り易い」からこそ注意も必要。手軽にローンを組めるが故に、つい借り過ぎてしまう危険性があることは認識しておきましょう。消費者金融と比較 すると多重債務に陥るリスクは低いとはいえ、ゼロではありません。計画的な利用を心がけてください。いくら手軽に利用できるプランであっても、「収入が安 定している」ことが利用条件として挙げられます。未成年、無職(高齢者含む)の方は利用できないのでご注意ください(パート・アルバイト、年金生活者は OK)。

 

 

フリーローンより使い勝手の良いカードローン

 

私達の日々の生活では、性別や年齢や職業に関係なく、お金とは切っても切れない仲にあります。もちろん「お金がなくても幸せ」という価値観も一理あります が、お金がなければ、できることも限られてしまいます。食費などの生活費も削らないといけないことになるため、やはりお金がないと生活にも支障が出てきま す。

 

手持ちの現金が十分でない時は、欲しいものを我慢する方法もありますが、下手に我慢しないで欲しいものを購入することができるのです。そんな時に非常に役 に立つのが、カードローンで借りることです。今ではカードローンを提供している金融会社は沢山ありますが、自分のニーズに合ったカードローンを見つけるの は、簡単そうでいて実は難しいものなのです。そこで、カードローンで借りる際に知っておきたいポイントについてまとめてあります。

 

カードローンは、昔に比べて非常に利便性が上がりました。インターネットの発達に伴って消費者金融ローン会社やその金融会社で提供している商品の情報が一気に広まったり、時間があまりない方でも、わざわざ店舗に足を運ばずに申し込むことができたりと、色々な意味で 進化を遂げています。しかし、実際にカードローンで借りることを考えてみると、利用するのに抵抗を感じてしまうこともあります。これは、カードローンで借 りるに対する単なる偏見が行動を邪魔しているだけに過ぎません。それなら、行動を妨げている要因を解決すれば良いだけのことです。

 

後は、カードローンに関する基礎的な知識をしっかり身に着けていけば、申し込みなどがスムーズにできるようになります。カードローンを利用してみると、大 量の現金を持ち歩く必要がなくなるし、急にお金が必要になった時も、利用可能限度額の枠内であれば、繰り返し利用することができます。このように、カード ローンで借りることによって、カードローンならではの恩恵を受けることができるのです。カードローンで借りる際の正しい知識をまずは身に着けましょう。

 

 

銀行でお金を借りる際の良い借入先に巡り合う為の重要ポイント

 

銀行でお金を借りる際には、貸して貰う為に色々と努力をしますが、借入後の事の方がよほど重要です。至急にお金が必要な状況であっても、先ずはなるべく多くの場所で相談をする事が、より良い借入先に巡り合う為の重要ポイントとなります。銀行でお金を借りる際に安易に借入先を選択すると、後々の返済に苦しむ事になりかねません。慌てず慎重に借入先を検討する事が重要です。銀行といっても、都市銀行や地方銀行、ネット銀行等があり、それぞれに特徴があります。各銀行ともホームページ等もありますので、銀行でお金を借りる際にはインターネット等で情報収集をする事も大事です。ホームページの中には、返済シミュレーションを利用出来るものもありますので、返済計画を立てる際の参考になります。銀行でお金を借りる際には一つの銀行だけではなく、なるべく多くの銀行に直接出向いて金利の確認や相談をすると相場感等もつかむ事が出来て参考になります。3百万円程の年収であっても、借入れの目的と返済計画がきちんと確認出来れば借入れ可能な可能性が高いです。ひるまずに相談してみる事が良い結果をもたらします。どこの銀行で借りるにしても、しっかりとした借入目的と返済計画が必須です。保証人や担保の確認の他にも、最近の納税状況や電気料金、水道料金等の支払い状況も場合によっては審査対象となります。あらかじめ領収書等の準備をしておくと、提示を求められたとしてもスムーズに審査が進みます。固定金利にするか変動金利にするかで悩む方も居ると思います。現在はかなり金利が低い状況ですから、長期間に渡る返済であれば固定金利の方が安全な可能性が高いです。

更新履歴