銀行のカードローンと総量規制

 

銀行のカードローンは、総量規制の対象外となっています。総量規制とは、2010年6月18日に施行された法律で、金融会社からの過剰な借り入れを防止するために交付されたものです。その結果、金融会社を1社だけ利用する場合は、借り入れの最高額が50万円と制限されるようになりました。複数の金融会社を利用して100万円以上の借り入れをする場合は、年収の3分の1以下といった細かい基準が設けられています。また、源泉徴収票等の提出を必ず行って、年収も厳しくチェックされるのです。

 

しかし、総量規制の対象となるのは、金利の高い金融会社だけです。銀行はもともと金利が低く設定されていますので、カードローンも総量規制からははずれています。ですから、最高で800万円もの高額な借り入れが可能になるわけです。もちろん、金利の高い金融会社であっても、例外として高額な借り入れが可能になるケースもあります。急に医療費が必要になった際や、個人事業主の事業資金を用意するなど、正当な理由があれば総量規制の対象外となるケースもあります。

 

とはいえ、やはり安心して利用できるのは銀行ですよね。銀行のカードローンは総量規制の対象外となるだけでなく、ATMで気軽に借り入れや返済ができるという、見逃せないメリットがあります。大きな金額を借りた場合でも、金利が低いので返済がスムーズに進みます。これからお金を借りる予定があるなら、銀行のカードローンを真っ先におススメしますよ。

銀行ローンは

銀行ローンは、総量規制の対象外ともなっているので、もともと幅広い申し込みを受け入れています。