新生銀行カードローン レイク
・新生銀行レイクの特徴
・2つの無利息ローン
・3つの借入れ方法
・返済方法
・申し込み方法
・充実した会員サービス

 

※他:新生銀行はdスイッチ

 

30日間、180日間無利息と言う画期的なサービスで有名な新生銀行レイクについても、利用条件や返済方法、メリット&デメリットなどお役 立ち情報を余すところなくお伝えしていますので、是非ご参考になさって下さい。

スマホ完結なら新生銀行カードローン レイク。無利息サービスは?

新生銀行レイクの特徴
新生銀行レイクは数あるネットローンの中でも飛び抜けて総合点が高いカードローンサービスです。大至急現金が必要な時、つい「貸してくれるならどこでも良い…」と思いがちですよね。けれど融資金額がいくらにしても、貸付条件はしっかりチェックする必要があります。

 

新生銀行レイクのカードローンが絶大な人気を誇る理由の1つは、「無利息期間が長い」と言う特徴も強く影響しています。カードローン最大のネックは利息ですが、なんと新生銀行レイクでは30日間もしくは180日間も無利息期間があります。融資金額によりますが、30日間から180日間以内なら十分に完済できる、と言う方も多い筈です。

 

親兄弟ならともかく、お友達からお金を借りた時だって結局ご飯やお酒をご馳走しなければなりませんし、見返りなく純粋にお金だけを借りることができるサービスは驚異的と言わざるを得ません。

 

しかも、新生銀行レイクは提携ATMの手数料も無料です。カードローンを選ぶ時、金利ばかり比較して借りた後のことまでじっくり考えない方が大半です。けれどカードローンは融資を受ける時も返す時も、ATM手数料が馬鹿にならないのも事実。

 

その点新生銀行レイクなら手数料として余計なお金を支払うことがありませんから、借りやすく返しやすいと評判になるのも納得です。 お申込みの際も、わざわざ店舗窓口まで足を運ばなくてもオンライン経由で申し込み手続きを終えることができますし、返済方法を複数の選択肢から選べる点も好評です。

 

2つの無利息ローン
新生銀行同様、新生銀行レイクも提携ATM手数料は無料です。申し込む時はたった一度だけ…と決意していても、ついつい気軽に利用してしまうのがカードローンサービスと言うもの。レイクはスマホ完結

 

大半のカードローンは利用時、返済時にATM手数料が発生しますから、手数料ゼロ円の新生銀行レイクが数あるカードローンから選ばれるのも納得できるのではないでしょうか。今回は提携ATM手数料無料サービス同様、従来のカードローンの利用条件を覆す驚異的なサービス「無利息商品」についてお話させて頂きたいと思います。

 

新生銀行レイクのカードローンは初回限定サービスとして「30日間無利息」もしくは「180日間無利息」サービスのいずれかを受けることができます。30日間無利息サービスは借入額全額が対象で、5万円までの借入金額なら180日間無利息サービスが適用されます。

 

どちらのサービスにしても、期間内に全額返金できればカードローン唯一のデメリットである利息を支払わずに済みますから、これまで利息がネックでカードローンを利用していなかった方のハードルも下がる筈です。

 

最近は女性専用サービスの新生銀行レディースレイクも人気を集めていますが、この無利息サービスはレディースレイクでも提供されていますから今すぐお金が必要な女性たちの間でも既に評判になっています。

 

また、実際に新生銀行レイクにお申込み頂く時、30日間無料サービスと180日間無料サービスで迷われる方が少なくありませんが、決めかねる時はサイトの「どっちがおトク?シミュレーション」が便利です。

 

3つの借入れ方法
新生銀行レイクは借入方法の選択肢が多いことでも高く評価されていますが、今回は新生銀行レイクの3つの借入方法について詳しい情報をお伝えしたいと思います。

 

新生銀行レイク、新生銀行レディースレイクの審査に無事通過したら、実際に必要な金額だけ借入ることが可能です。

 

申し込み自体、パソコン、携帯電話、自動契約機、お電話、郵送…と多彩な選択肢が用意されていますが、普段の借入ではレイクや提携先のATM、店頭でのお申し付け、その他金銭口座振込みが選択可能です。 全国規模で店舗展開している新生銀行ですから、ATMも至るところにありますし、口座振込みならどこにいても必要な分だけ現金を振り込んで貰うことができます。

 

一昔前まで、ローンを利用するとなると周囲を伺いながら店舗を訪れるしかありませんでした。 特に女性は一目を気にして泣きそうな思いをしたり、人に見られたら…と不安で胸が張り裂けそうになりながら金融機関店舗のドアを押したものです。

 

その点新生銀行レイクの借入方法は、誰にも知られずに借入手続きを済ませることが可能ですから精神的なストレスが随分軽減するのではないでしょうか。 ATMや振込みサービスを利用すれば、新生銀行レイクのスタッフと顔を合わせたり言葉を交わす必要もありません。家族にすら知られずに現金を調達することが可能なのです。

 

カードローンを利用する時は新生銀行レイクのように、ストレスなく利用できる金融機関を選びたいものです。

 

返済方法
早急に現金を用意しなければならない事態に陥った時、大半の方は「自分に貸してくれるところ」と言う基準で金融機関を選びがちです。

 

確かに審査で断られてしまえばお金を調達することができませんが、後々のことを考え返済方法など総合的に条件の良いところを選ぶのが理想的です。例えばユーザー寄りのサービス満載、と評判の新生銀行レイクは、返済方法の選択肢も豊富なので借りた後も非常にお付き合いしやすい金融機関です。

 

現在新生銀行レイクで利用可能な返済方法は、「ウェブ返済」、「レイクATM」、「自動引き落とし」、「提携ATM」、「銀行振込み」の5種類あります。銀行振込み以外の返済方法は返済手数料が無料ですし、24時間いつでも返済可能なウェブ返済、提携ATM返済は特に人気のある返済方法です。

 

また、新生銀行レイクは返済方式に関しても「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」のいずれかの方法から選択可能です。利用状況にもよりますが、一般的には残高スライドリボルビング方式は少ない残高だと返済額も低額に、借入残高が多くなるにつれ返済額も多くなると言う返済方法です。

 

利息手数料分ばかり支払って中々元金が減らない…と言う通常のリボルビング払いのネックが考慮されている点が大きな特徴です。

 

一方元利定額リボルビング方式は、毎月一定額分返済すればOKで元金返済分は自由に返済できる返済方法です。先ほど触れたように意識して繰上返済しないと元金分が中々減らない…と言う問題点はあるものの、月々一定金額分だけ返済できるシステムはお金を管理するのに最適です。

 

申し込み方法
「30日間or180日間無利息サービス」、「提携ATM手数料無料サービス」、「返済日お知らせメールサービス」、「選べる返済方法サービス」などなど、新生銀行レイクのカードローンは数々の特典で話題沸騰中です。

 

ここではレイクのネットローンの具体的な申し込み方法を伝授したいと思います。 申し込み方法は店頭窓口以外にもレイクの自動契約機やお電話、郵送、携帯電話にて受け付けて貰えますが、今最も需要があると評判のオンライン申し込みに注目してみましょう。

 

インターネット環境が整っているパソコンからレイクのサイトを開き、お申込みフォームの必要事項全部に情報を入力します。フォームを送信後、場合によっては電話で連絡が来る可能性もありますが基本的には画面上に審査結果が表示されます。

 

ちなみに受付は24時間OKですが、お急ぎの場合午前中8時10分から午後21時の間に手続きを済ませるようにしましょう。毎月第3日曜日だけ午後19時までに時間が短縮されますが、通常はこの時間帯なら審査結果がすぐに表示されます。

 

この時間外だと審査結果は翌営業日にメール連絡、と言うことになるのでその日のうちに手続きを完了したい方には間に合わない恐れがあります。

 

審査通過の結果が出た場合、オンラインもしくは自動契約機、ファックス、郵送のいずれかの方法で契約を結び、お借入が可能な状態になります。 なお、お申込み時には必要書類として「運転免許証」、「各種健康保険証」など本人確認できる書類を用意しなければなりません。

 

充実した会員サービス
ネットローンの魅力は「面倒な手続きなしに現金を調達しやすいところ」ですよね。けれど返済方法が選べなかったリ返済手数料が毎回発生するようなネットローンは、総合点が高いとは言えません。もし急にお金が必要になったら、新生銀行レイクのように会員サービスが充実したネットローンを頼りましょう。

 

新生銀行レイクのネットローンは平日14時45分までのお手続きで即日振込みが可能ですし、借入後も「返済日前案内サービス」、「返済日後案内サービス」などのメールお知らせサービスで延滞トラブルを起こさないよう注意してくれます。

 

取引内容や明細の類も全てオンライン上でチェックできますから、「明細書類が自宅に届くと家族に知られて困る!」なんて方にもぴったりではないでしょうか。ウェブ上で口座を管理し、明細サービスも受ければ完全にプライベートを保つことができますし、郵便ポストをこまめにチェックしなければならない心配もありません。

 

新生銀行はとにかくオンラインサービスが充実している銀行ですから、新生銀行レイクのネットローンもご自宅で返済できる「ウェブ返済サービス」が利用できます。返済日が迫っているのにお仕事や体調不良でATMまで行けない…なんて緊急事態にも、ウェブ返済サービスなら延滞することなく計画通りお金を返すことができる筈です。

 

こうしたきめ細かいサービスが満載ですから、もしネットローンを利用するなら是非新生銀行レイクがオススメです。